脱イケメンした「草刈正雄」が再ブレーク 三浦春馬や竹内結子の父親役としても存在感〈dot.〉

草刈正雄がデビュー50周年を迎えている。その最初のピークは20代半ばから30歳過ぎにかけてだが、ここ数年の活躍もめざましい。最近ではドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)に出演。これが遺作となった三浦春馬の父親役を演じた。 【草刈正雄さんの幼少期の貴重な写真はこちら】  父親役といえば、彼は6年前、三谷幸喜の舞台「君となら~Nobody Else But You」に出演。娘役は竹内結子とイモトアヤコだった。彼にとって、現在の好調につながる転機となった作品で、竹内とはその後、NHK大河ドラマ真田丸」でも共演した。竹内も最近亡くなったことを思うと、複雑な気持ちになる。  また、今年のコロナ禍では、彼が40年前に主演した映画「復活の日」が再注目された。人類とウイルスとの戦いを描いた作品だ。