根室・花咲港の漁船火災…充電中のバッテリーから出火か

27日夜、根室の花咲港のイカ釣り漁船か焼け、船長の男性がやけどをした火事は、充電中の漁船のバッテリーからの出火が原因とみられることが根室海上保安部への取材でわかりました。  27日午後6時半まえ、根室の花咲港で、水揚げのため岸に近づいていた青森県の下前漁協所属のイカ釣り漁船「貴宝丸」から火が出ました。一人で乗っていた船長の山田真達さん47歳は、出火後すぐに船を降りましたが、右手に軽いやけどをしました。  この火事を受け、根室海上保安部は28日朝から警察・消防とともに実況見分をして火の出た原因を調べています。  貴宝丸は、操舵室からエンジンがある機関室にかけて激しく焼けていて、根室海上保安部は充電していた漁船のバッテリーから火が出たとみて調べています。